ページの本文へ

豊富な機能を搭載した中規模病院向け電子カルテシステム。

業務支援機能

Open-KarteはDPCに象徴される医療水準の向上と病院経営の安定化に即戦力となる統合システムです。リレーショナルクリニカルパス機能をはじめ、数々の機能とともに、高度な使いやすさと信頼性をご提供します。

特長

Open-Karteは、医事・オーダ・電子カルテに加え、看護支援をパッケージ化しました。 その他にも、薬局、放射線科、リハビリ、透析など、各部門で必要な機能もオプションにてご提供可能です。別途各部門システムを購入する必要がないため、最小限のコストで最適なシステムを実現できます。

詳細はこちら

クリニカルパス

Open-Karteは、大規模病院向けの電子カルテシステムに搭載されているクリニカルパスとオーダとの連動機能を標準搭載。 患者さんの過去の診療履歴とこれからの診療計画が一目で確認できます。

詳細はこちら

機能

受付で、診察室で、画像診断部で、病棟で。
さらには薬局や、提携先の診療所からも参照できます。
各部門それぞれに必要な機能とともに、高度な使いやすさと信頼性をご提供します。

詳細はこちら

医療分析ソリューション(オプション)

「病床稼働率」や「平均在院日数」、「リハビリテーション実績指数」など、様々な経営指標をタイムリーかつ効率的に算定・参照可能なデータ分析ツールです。データ分析から導かれるエビデンスに基づいた「一歩先」の経営戦略・運営戦術をサポートします。

詳細はこちら