ページの本文へ

地域包括ケアシステムを推進するうえで、重要な役割を担う有床診療所・小規模病院向けのオーダリングシステム【Open-karte Bambino】

今後、地域包括ケアシステムを推進するうえで、重要な役割を担う有床診療所・小規模病院向けのオーダリングシステムです。各種オーダ機能の中から、最低限必要な機能だけを選択して導入いただけるため、初期投資を抑えたスモールスタートが可能です。

業務支援機能

診療業務に合わせて各種オーダ機能が選択可能

診療業務に欠かせない処方オーダ機能を標準搭載。さらに最大3つのオーダ機能を追加いただけます。また外部機器システムとの連携にも対応し、日々の業務の効率化にも力を発揮します。

紙カルテでの運用はそのままに

オーダリングシステムで出したオーダ(指示)内容は、専用のプリンターでラベルシールとして出力し、紙カルテに貼り付けることができるため、従来どおり紙カルテでの運用が可能です。

選べる医事会計システム

Open-Karte Bambinoは、ナイス社の医事会計システムMedical Leader-Account(ML-A)と日医標準レセプトソフト(ORCA/オルカ)との接続インタフェースを備えており、お客さまの用途やお好みに合わせてお選びいただけます。 (注:ORCAは別途お客さまにてご用意いただきます。)

医事会計 ML-A

将来の電子カルテへステップアップに対応

Open-Karte Bambinoは、部分オーダから電子カルテまで、段階導入が可能です。上位機種のOpen-Karte ADへとステップアップいただくことにより、本格的な電子カルテ運用が可能となります。