ページの本文へ

あらゆる人の最適を追及する有床診療所・地域一般病院向け電子カルテ「Open-karte AD」。

ユーザに優しいデザイン

情報量の多い電子カルテ画面を見やすくし、安心・安全にご使用いただけるよう、画面デザインには視認性および判読性の高いシンプルな表現を採用しています。
毎日お使いいただくものだからこそ、使用する文字のフォントにまでこだわりました。

クラウド型でコスト・リスクを軽減

クラウドサービスのため、院内への専用サーバ設置が不要。付随するさまざまな院内設備への初期投資はもちろん、
サーバ本体の定期更新やメンテナンス、光熱費や管理スタッフの人件費などの長期コストも抑えられます。

端末選びや院外利用の自由度が大幅にアップ

Webブラウザを利用しているため特別なソフトウェアをインストールする必要がなく、
院内で既にご利用のPCを含めて自由に端末をお選びいただけます。
また、院外でも電子カルテを利用することができ、訪問診療や介護施設連携など、より自由度の高い運用に適しています。
※動作推奨スペックをご提示させていただきます。詳細は営業担当までお問い合わせください。

堅牢なデータセンタで情報を管理

クラウド基盤、電子カルテサービス共に3省4ガイドラインに準拠しており、
患者さまの大切な診療データを国内のデータセンタで安全に保存します。
データセンタとの通信は高セキュリティのIPSecVPNサービスを採用しており、安心してご利用いただけます。
※厚生労働省、総務省、経済産業省が発行しているセキュリティ対策など医療情報をクラウド上に保管する際に遵守すべきガイドライン

運用専任者による手厚いサポート

本サービスは単に電子カルテのアプリケーションの提供にとどまらず、専任のスタッフがお客さま先を定期訪問し、
電子カルテの運用提案や操作のレクチャーを行うなど、運用開始までサポートします。
また、コールセンタとデータセンタの技術者による安心のサポート体制を整えるなど、
運用開始後のアフターサービスも充実しています。