ページの本文へ

画像 画像
患者さまに喜ばれる診療を支援 Hi-SEED Cloud 誕生

クリニック向けクラウド型電子カルテ

  • オンラインデモ、トライアル版(無料体験版)申し込み
  • 無料ダウンロード資料はこちら

お知らせ

さらに見る
2020.07.27
お役立ち情報「べてらん君」「自動受付精算機」を掲載いたしました。
2020.07.27
Hi-SEED Cloud取り扱いパートナー一覧を掲載いたしました。

 クリニック開業医が
「クラウド型電子カルテ」を選ぶ理由。

  1. 01クラウド型電子カルテは、導入もメンテナンスも容易。

    クラウド型電子カルテは、専用サーバや専用端末を院内に設置する必要がないので、手軽に利用を開始できます。
    また、診療報酬制度の改定や新薬追加に伴うシステムの更新などは、自動でアップデート。もちろん、サーバを管理する必要もありません。メンテナンスにかかる手間が少ないのもクラウド型電子カルテの特長です。

    画像
  2. 02インターネットに接続できれば、どこでも利用可能。

    クラウド型電子カルテは、パソコンはもちろんタブレット(iPad Pro)*1でも使用できるので、容易に持ち運べ、在宅医療をはじめさまざまなシーンでカルテを入力・参照できます。
    クラウド型電子カルテは、フットワーク軽く動きたいドクターにとって、心強い味方になるでしょう。
    *1 お使いになるデバイスは予め端末認証の設定が必要です。また、タブレットでのご利用時には一部機能制限があります。iPad Proは、Apple Inc.の商標です。 クリニック向けクラウド型電子カルテ「Hi-SEED Cloud」のお試しはこちら

    画像
  3. 03ORCAや医療機器と連携し、スタッフ間の情報共有も効率化!

    日立は、患者さまに関するさまざまな情報を一元化し、院内全体で適切に共有するためのソリューションとして、「デジタルクリニック」を提唱しています。電子カルテを中心に、画像ファイリングシステムや検査結果管理システムなどを、スムーズに連携させることで、より効率的かつ安定的な診療を実現させます。
    また、クリニック向けクラウド型電子カルテ「Hi-SEED Cloud」は、日本医師会推奨のレセプトコンピュータ「日レセクラウド(ORCA)」との連携型です。受付時にORCAに入力した情報を電子カルテにそのまま反映でき、業務を効率化できます。

    画像 Hi-SEED Cloud
    取り扱いパートナー一覧

お申し込みは簡単!
「Hi-SEED Cloud」の使いやすさを、
ご体験ください。

画像
専任スタッフの説明をご希望されるお客さま向け

オンラインデモ

画像

クリニック向けクラウド型電子カルテ「Hi-SEED Cloud」の画面を実際にご覧いただきながら、専任スタッフがご説明いたします。
ご不明点はその場でお尋ねください。インターネットに接続できるパソコンとお電話でご利用いただけます。

  • 無料
  • オペレーターが詳しく説明
  • お申し込みはこちら
画像
製品操作をご希望されるお客さま向け

トライアル版(無料体験版)

画像

お手持ちのパソコン・タブレット(iPad Proのみ)で、クリニック向けクラウド型電子カルテ「Hi-SEED Cloud」を30日間いつでもお試しいただけます。

  • 無料
  • いつでも利用開始OK
  • お申し込みはこちら

めざすは「Digital Clinic」。
シームレスな連携で医療の効率化を!

日立なら、クリニックのためのあらゆるソリューションを
ワンストップでご提供できます。

画像

「Digital Clinic」は、患者さまに関するさまざまな情報を一元化し、クリニック全体で適切に共有するためのソリューションです。電子カルテを中心に各システムや機器など、クリニック内のシステムをネットワークで繋ぐことにより、より効率的かつ安定的な診療を実現します。

  1. 画像開業準備

    開業後のイメージを共有し、患者さまへの
    効果的なサービスの提供に向けた
    ソリューションをご提案。

  2. 画像システム・機器導入

    システム・機器の設置から操作レクチャーまで、対応します。

  3. 画像運用・保守

    システム・機器の安定稼働のために、
    各種サポートを行います。

クラウド型電子カルテの導入に伴う
こんな質問も。
まずは、日立ヘルスケアシステムズに
お問い合わせください。

Q1 個人情報を扱うのに、クラウドで大丈夫?
A1 クリニック向けクラウド型電子カルテ「Hi-SEED Cloud」は、クラウド基盤、電子カルテサービス、共に3省のガイドライン*2に準拠しており、患者さまの大切な診療データを国内のデータセンタで安全に保存します。
また、クラウドサーバーとブラウザ間は、SSL証明書認証による通信データ暗号化を行っています。
*2 厚生労働省、総務省、経済産業省が発行しているセキュリティ対策など医療情報をクラウド上に保管する際に遵守すべきガイドライン
Q2 そもそも電子カルテって何を基準に選べばいいの?
A2 ドクターが電子カルテを選ぶ際、コストやサポート内容、カスタム設定の可否などを重視することが多いようですが、もうひとつ、忘れてならないのは、安全・安心な品質です。
個人情報を扱う電子カルテは、一度選んだらなかなか他への移行は難しいもの。長く使うものだからこそメーカーの信頼性も重要です。メーカーのこれまでの経験値や豊富な実績もひとつの指標となるでしょう。
Q3 導入するかはまだ分からないけど、操作を試せる?
A3 はい。
クリニック向けクラウド型電子カルテ「Hi-SEED Cloud」は、トライアル版(無料体験版)をお試しいただけます。
また、ご希望の場所にお伺いし、デモを行うことも可能ですので、お気軽にお申し込みください。
Q4 紙カルテからの切り替え。どんな手順で進めたらいいの?
A4 紙カルテから電子カルテへの切り替え方は、いくつか方法があります。
例えば、電子カルテ利用開始日から、既存の患者さまも含めたすべての患者さまのカルテを電子カルテに切り替える方法。また、既存の患者さまは紙カルテでの記録を存続し、電子カルテ利用開始日以降の新規の患者さまのみを電子カルテに記録していく方法などもあります。運用方法については、お近くの販売店がお話を伺いながら、提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。
Q5 クリニック向けクラウド型電子カルテ「Hi-SEED Cloud」の
初期費用と月額費用は?オンプレミス型に比べてどうなの?
A5 クラウド型は、オンプレミス型に比べて初期費用の低さが魅力ですが、お客さまのニーズによって、それぞれメリット・デメリットがあるでしょう。迷ったときにはぜひこちらの資料をご覧ください。
また、費用については、個別にご案内しております。お気軽にお問い合わせください。
画像 画像

クリニック向けクラウド型電子カルテ
「Hi-SEED Cloud」のコンセプト

よりシンプルな操作で、インプット・アウトプットを効率化。
電子カルテはクリニック業務の負担を軽減し、
患者さまの待ち時間を短縮します。

再生CLICK TO PLAY MOVIE

電子カルテの導入から稼動後まで、
全国に広がるネットワークで
サポートします

まずは、日立ヘルスケアシステムズにお問い合わせください。
クリニック向けクラウド型電子カルテ「Hi-SEED Cloud」の導入のご相談から稼動後のサポートまで、パートナー契約している販売店 (Hi-SEED Cloud 取り扱いパートナー)と連携してきめ細かく対応させていただきます。

画像Hi-SEED Cloud 取り扱いパートナー

製品・サービスならびに導入に関してご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先:
日立ヘルスケアシステムズ株式会社

お問い合わせフォーム
24時間受付
PAGE TOP